マイナンバーの収集代行サービスについて

昨年から始まったマイナンバー制度によって、今後、役所で管理する個人情報は基本的にマイナンバーをキーにすることになります。

住民票はもちろんのこと、納税についても同様にマイナンバーがキーになります。


そのため、各企業は従業員のマイナンバー情報を提出させる必要がありますが、提出後の情報について、企業内で管理するにはリスクが伴います。情報漏えいすれば当然、問題になりますし、管理コストもかかります。

そこで大きな味方となってくれそうなのが、収集代行サービスです。

収集代行を行っている企業は基本的にデータセンターを自社で保持しています。
データセンターは重厚なセキュリティで守られた、とても安心な空間です。
そのため、預ける側としても安心して任せることができます。

ビジネスジャーナルの口コミや評判を紹介しています。

何かあった際に、マイナンバー情報を閲覧したりすることが頻繁にあるかと思いますが、それもセキュリティが徹底されています。

こだわるならマイナンバーのBPO全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

収集代行を請け負う企業が用意したPCでしかアクセスできないようにしているのです。



これにより、そのPCを持っていない外部からの侵入は一切できなくなっていますし、もしそのPCから直接、情報を抜き取ろうとしても、そのPC自体にもパスワード管理がされていますので、パスワードを持っていない人は一切、アクセスできないということになります。これからもこういったサービスを請け負う会社は増えてくることでしょう。


おおよそは同じですが、それぞれでいろいろなサービスがありますので、よく確認してから導入を検討しましょう。