マイナンバーの収集代行について

すでにマイナンバー制度がはじまり、国民には12桁の番号があたえられ、行政の手続きなどその番号が必要となっています。

マイナンバーの目的は行政の効率化やそれらを利用する制度についてより利便性を高めるため、それと公平な社会を実現するためのもので、社会保障、税金、災害対策といった手続きに利用されます。
個人が行政で直接なにか手続きをする場合は本人確認などを行います。



マイナンバーには通知カードと個人番号カードがあり、通知カードだけの場合は本人を証明することができないため本人確認が必要となります。


個人番号カードには本人の写真もありカードで本人確認も行うことができるようになります。

BIGLOBEニュース情報が満載です。

会社では社会保険や税金の手続きを行う必要があるため、行政への手続き等マイナンバーを収集しなければなりません。


収集には本人に対して番号を申請してもらうということだけでなく本人確認が必要となってきます。

本人確認には免許証や保険証、住民票などが必要になります。

もちろん個人番号カードをもっている人はそれで本人確認ができることになります。このような収集作業は時間と手間がかかることもあり、会社においては収集代行に依頼するという方法があります。

収集代行は対象となる従業員に対してこれら本人確認までの手続きを行うことができ、また管理を依頼することもできるのです。


マイナンバーは会社内で管理しなければならないものではなく、収集代行に依頼して効率的に管理する方法があります。

マイナンバーのシステムに関する情報満載です。