マイナンバーを収集する際のルール

マイナンバーの収集は、マイナンバーカードのコピーの提出だけが収集に該当するものではなく、数字が書かれたメモ、パソコンや音声などもその対象となります。



本人確認として単にマイナンバーカードを見せてもらっただけでは収集にはならないものの、メモを受け取るなど、番号を控える行為全般が収集という行為につながります。

あなたの期待に応える@niftyニュースを知りたいならご活用ください。

そして、マイナンバーは社会保障や税金に関する手続きで必要となります。


この目的の中で集めることになり、しかも、利用目的を事前に本人に対して伝えておくことがルールになっています。

そうした段取りを経て、提出を求めることになり、目的とは異なることで使用する場合はたとえ本人の同意があったとしても集めることはできません。中にはマイナンバーの提出を拒み、収集がうまくいかない場合があります。


こうした時のルールとして、提出を拒んだとしても罰則はないため、それを理由に査定を悪くさせるといったことはできません。そのため、必要なことは安全管理の徹底を社員などに約束することです。

多くの社員はどのように管理されるのかということがあまり分からず、普段からの個人情報の管理、仕事ぶりから判断し、雑に扱われるのではないかと不安に感じてしまいます。

しっかりとしたマイナンバーのアウトソーシングといえばこちらのサイトです。

そして、懇切丁寧に説明を行い、またなぜ提出を拒むのかその経緯をはっきりしていくことも企業側には求められます。


企業としては義務を果たさなければならず、懲罰をチラつかせる形で半ば強制的に出させるところもありますが、それは法律として認められていないので注意が必要です。